Online Store Login

日本全国送料無料!

FAX注文用紙はこちら

ツバメ(燕)

ツバメ(燕)による被害には、どんなものがあるか

ツバメも、スズメと同様に民家の軒下に巣を作ります。
糞害はもちろんですが、ツバメの巣所にある泥と枯れ草を唾液で固めているため、上から泥が落ちてくることが問題となっています。また、家屋の外壁など、美観を汚すので、問題となっています。

ツバメ(燕)の特徴には、どんなものがあるか

ツバメは古くから作物や樹木の害虫を食べることから、益鳥として崇められています。しかし、農作物の生育上に係わる昆虫を食べることと合わせて、自分の巣所を確保するべく一般の家に巣を作るので、被害がもたらされています。春先から初夏にかけて繁殖活動をするため、住宅街の家の軒先などに巣を作ります。(ツバメの巣は泥水と枯れ草を唾液で固めることで生地が作られています。)ほとんど人工物に造巣し、民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著です。これは、「天敵」であるカラス、ワシ(鷲)、タカ(鷹)、フクロウ(梟)などが近寄りにくいからだと考えられています。(※弊社では、このようなツバメ(燕)の特徴を捉えて、ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音(ワシ、タカ、フクロウ等の鳴き声の再現)の3大機能を持つ「Newアニマルリペラー」を販売し、非常に大きな実績と効果を上げております。)

弊社で取り扱っている対策商品の紹介

『アニマルリペラー』 シリーズ

ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音の3大機能で害獣を寄せ付けなくします!
赤外線センサーの威力抜群!リモコンで操作可能!

【Newアニマルリペラー(ハイグレード・タイプ)(RC-132)】

その他の害獣・害鳥

  • メールでの
  • FAXでのご注文はこちら


PAGETOP