Online Store Login

日本全国送料無料!

FAX注文用紙はこちら

タヌキ(狸)

タヌキ(狸)による被害には、どんなものがあるか

(1)衛生上の害(タヌキの特徴の一つである「溜フン」による悪臭、ゴミ捨て場のゴミあさり)。
(2)農作物(トウモロコシ、スイカ、サツマイモ、メロンなど)の食害。
(3)ペット(飼い犬・飼い猫)を起源とする疥癬症に感染する事例があり、影響が心配されています。

タヌキ(狸)の特徴には、どんなものがあるか

(1)複数のタヌキが同じ場所をトイレにする習性がある(溜フン)。
(2)性格は非常に臆病です。
(3)夜行性動物で、単独またはペアーで、森林で生活しています。
(4)食性は雑食性で、小鳥類や卵、野ネズミ、カエルなどの小型動物、魚類、昆虫、ミミズ、作物や果実類も食べる。木に登って柿やビワのような果実を食べることもあります。(豊富な生ゴミなどにより、都市部でも生活しています。近年、都市部で増加しています。)
(5)冬に備え、秋に脂肪を蓄えます。(冬眠の習性はありませんが、積雪の多い地域では穴ごもり(半冬眠)をします。)

タヌキ(狸)とは、どういう動物か

タヌキはイヌ科タヌキ属に分類される哺乳類です。「同じ穴のムジナ」と言われるように、地域によってはムジナと呼ばれてもいます。体長は約50~75センチで、体重は約4~10キログラムです。穴ごもり(半冬眠)するためもあり、秋頃から冬に向けて脂肪を蓄える為、季節によって体重が大きく変わります。体色は灰褐色~茶褐色で、四肢は黒く短く、目の周りや耳の縁が黒くなっています。普通のタヌキのイメージと異なり、耳は丸みこそあるものの三角です。生息環境は森林地帯ですが、山林の減少、森林開発に伴い、都市部においても増加しており、道路の側溝などをねぐらにしていることがあります。夜行性動物でかつ里山で生活していることが多いため、交通事故に遭うことが多いです。食性は雑食性で、ネズミや昆虫などの小動物、果実など植物質のものを食べます。湿地の茂みの中も自由に行動でき、泥地の歩行や遊泳など水辺でも活動し、水中昆虫や魚介類など水生動物も補食します。

弊社で取り扱っている対策商品の紹介

『アニマルリペラー』 シリーズ

ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音の3大機能で害獣を寄せ付けなくします!
赤外線センサーの威力抜群!リモコンで操作可能!

【Newアニマルリペラー(ハイグレード・タイプ)(RC-132)】

『アニマルピー』 シリーズ

鹿(シカ)、猿(サル)、猪(イノシシ)、イタチ、ハクビシンなどを初めとする大型害獣対策の決定版!
『天然オオカミ尿』を初めとする純度100%の天然獣尿により、害獣を寄せ付けなくします!
JAS有機適合証を取得済み!
※『ウルフピー』と全く【同内容・同品質品】!

【アニマルピーNo.1 (ウルフ尿=オオカミ尿)】

『アニマルブラスター(スケアクロウ)』

赤外線センサーが害獣・害鳥の動きをキャッチし、水を強力に噴射して、害獣・害鳥を撃退!確実に速効で撃退できます!
(※水道ホースにつなぐ必要があります。)

【Newアニマルブラスター(スケアクロウ)(SC-602)】

その他の害獣・害鳥

  • メールでの
  • FAXでのご注文はこちら


PAGETOP