Online Store Login

日本全国送料無料!

FAX注文用紙はこちら

スズメ(雀)

スズメ(雀)による被害には、どんなものがあるか

食性は雑食性で、イネ科を中心とした植物の種子や虫を食べます。特に、稲などの穀物を好んで食べるため、特に、農業従事者にとって、大きな被害となっています。若鳥に餌を与える際、都市部は餌が多いこと、家の作りが日本式であることから、住宅街にスズメの巣が多いことが言えます。都市部に生息するスズメは、虫、生ゴミ、パン屑・菓子屑まで、何でも食料にします。このような雑食性が、都市部でのスズメの繁殖の原因です。春先から夏頃の繁殖期(3~9月)になると行動が盛んになり、6~9月の作物の収穫時期が最も被害を受けやすい時期となります。(特に、稲に対する食害について。)スズメの巣の多くは瓦の下や雨樋と屋根の隙間などの屋根の軒の隙間や、人の住んでいない家や集合住宅の換気扇カバーの中、プレハブの鉄骨の隙間や穴など直径3cmほどの隙間さえあれば入り込んで営巣します。ツバメと同じく、家屋の外壁など、美観を汚すので、社会問題ともなっています。また、夏から秋にかけて、街路樹などに数百羽が集まって、ねぐらを形成します。

スズメ(雀)の特徴には、どんなものがあるか

愛くるしい姿とは裏腹に、虫、生ゴミ、パン屑・菓子屑まで、何でも食べる等、たいへん迷惑な行為をします。食性は、雑食性ゆえに穀物も食べることから、害鳥と指定されています。スズメの巣がある場合は、時期として繁殖期(3~9月)にあたります。親鳥が若鳥の世話をし、他の鳥から身を守るため、わかりづらい場所に巣を作ります。繁殖は春から夏頃にかけて行われ、年に2回程度繁殖します。また、卵は1つの巣に5~10個、孵化するまで10~15日、巣立ちするまで2週間ほどかかります。一般的にヒナがかえって巣立つ確率は45%とされています。かえったスズメは、そのあとつがいと一緒に集団で行動します。タカ(鷹)、ワシ(鷲)、フクロウ(梟)などの猛禽類や、猫、カラスが捕食関係にあり、スズメの「天敵」です。(※弊社では、このようなスズメの特徴を捉えて、ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音(ワシ、タカ、フクロウ等の鳴き声の再現)の3大機能を持つ「Newアニマルリペラー」を販売し、非常に大きな実績と効果を上げております。)

弊社で取り扱っている対策商品の紹介

『アニマルリペラー』 シリーズ

ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音の3大機能で害獣を寄せ付けなくします!
赤外線センサーの威力抜群!リモコンで操作可能!

【Newアニマルリペラー(ハイグレード・タイプ)(RC-132)】

その他の害獣・害鳥

  • メールでの
  • FAXでのご注文はこちら


PAGETOP