Online Store Login

日本全国送料無料!

FAX注文用紙はこちら

鹿(シカ)

鹿(シカ)による被害には、どんなものがあるか

(1)農作物の食害が甚大です。畑や田んぼの作物を食い荒らし、踏み荒らしてきます。
(2)樹木の食害による被害。(樹木の皮も食べるため、森林が鹿の食害により枯れてしまうといったケースもあります。)
(3) 樹木への角(ツノ)の擦り付け被害もあります。
(4)糞による不衛生。
(5)鉄道の線路での衝突事故。(※鹿と鉄道車両との衝突事故は長年の懸案でしたが、JRや私鉄により、超音波やストロボ光を発する機器を使ったり、山ライオンやオオカミの糞尿を線路に振り撒くという方法が実用化され、たいへん大きな効果を上げています。鹿が山ライオン・オオカミの匂いや、超音波を避けて、線路に寄り付かなくなるからです。)(※弊社でも、鹿(シカ)のこういった特徴を捉えて、ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボを発信する「Newアニマルリペラー」や、「アニマルピー(オオカミ尿、山ライオン尿)」などを販売しており、日本全国のJRやNEXCO(高速道路公団)、JA(農業協同組合)などなどで、実際にご使用いただいており、大きな効果を上げております。)

鹿(シカ)の特徴には、どんなものがあるか

(1)森林や草原で生活し、主に薄明薄暮性だが、狩猟期には夜行性となります。
(2)繁殖力が旺盛で、4年で約2倍に増加すると言われています。(一夫多妻制で、オスの個体数が減少しても繁殖力が衰えないです。)交尾期は夏から秋にかけてで、オスは「フィー」と聞こえる鳴き声を発し求愛を行います。
(3)草食性で、牛のように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行います。(※この鹿の「胃の反芻消化」を利用した鹿駆除剤も実験段階にあります。)植物食で、草や木の葉、ササ、果実などを採食し、餌の乏しい冬季には樹皮も食べる。
(4)日本で広く生息しています。北海道や本州では、大型の鹿(エゾシカ、ホンシュウジカ)がほとんどであるが、九州地方の鹿は、エゾシカ・ホンシュウジカに比べて、小柄です
(5)森の中でも俊敏に移動できます。ジャンプ力が優れており1メートル50センチを越えるフェンスを跳び越えた事例もあります。
(6)性格は非常に臆病です。

鹿(シカ)とは、どういった動物か

日本では、単にシカと言う場合は、ニホンジカを指します。名前から得られる印象とは異なり、日本以外にも広く分布しています。国内では、北海道から九州に掛けて広く分布しています。(主に、北海道のエゾシカ、本州のホンシュウジカ、九州・四国のキュウシュウジカの3種などであり、北の方の鹿ほど体が大きいです。)オスのみが角を持っています。食性は草食性で、下草・稲・苗木・樹木の枝葉や樹皮などあらゆる植物、穀物・野菜・果物などのあらゆる農作物を好んで食べます。地方によって好む食物に差があります。近年では、暖冬続きにより越冬が容易であったことなどから個体数が増加し、森林の食害による被害が非常に深刻な社会問題となっています。(狩猟により、鹿を殺して鹿肉を食べようという運動も盛んですが、冬のジビエとしても、鹿肉は固く、おいしくないので、あまりポピュラーではありません。)

弊社で取り扱っている対策商品の紹介

『アニマルリペラー』 シリーズ

ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音の3大機能で害獣を寄せ付けなくします!
赤外線センサーの威力抜群!リモコンで操作可能!

【Newアニマルリペラー(ハイグレード・タイプ)(RC-132)】

『アニマルピー』 シリーズ

鹿(シカ)、猿(サル)、猪(イノシシ)、イタチ、ハクビシンなどを初めとする大型害獣対策の決定版!
『天然オオカミ尿』を初めとする純度100%の天然獣尿により、害獣を寄せ付けなくします!
JAS有機適合証を取得済み!
※『ウルフピー』と全く【同内容・同品質品】!

【アニマルピーNo.1 (ウルフ尿=オオカミ尿)】

『アニマルブラスター(スケアクロウ)』

赤外線センサーが害獣・害鳥の動きをキャッチし、水を強力に噴射して、害獣・害鳥を撃退!確実に速効で撃退できます!
(※水道ホースにつなぐ必要があります。)

【Newアニマルブラスター(スケアクロウ)(SC-602)】

その他の害獣・害鳥

  • メールでの
  • FAXでのご注文はこちら


PAGETOP