Online Store Login

日本全国送料無料!

FAX注文用紙はこちら

熊(クマ)

熊(クマ)による被害には、どんなものがあるか

(1)冬ごもり(冬眠)のための食料を獲る時期の秋口を中心に、熊(クマ)が人里へ下りて、農作物を食い荒らすなどの被害(米、トウモロコシ、ムギ、スイカ、、メロン、ニンジン、モモ、リンゴ、ナシなどの農作物が被害に遭うことが多いです)。
(2)山林被害。
(3)急増する人身被害(主に山岳地帯や森林で生活していますが、昨今の森林開発により、人家に現れる報告例が後を絶ちません。一度、人間の肉の味を覚えた熊(クマ)は、今度は人間そのものを「餌(えさ)」と見なし、手当たり次第、人間を襲うようになります。クマ狩りをすると、北海道のヒグマなどは気配を消し待ち伏せすることもあるので、厳重に注意が必要です。)

熊(クマ)の特徴には、どんなものがあるか

(1)優れた犬の7倍もの嗅覚(鼻)を持ちます。視覚(目)や聴覚(耳)は特に優れてはいないが、嗅覚(鼻)は鋭いです。(弊社では、こういった熊(クマ)の特徴を捉えて、「アニマルピー(ウルフ尿)」の販売をおこなっています。)
(2)指趾は5本で、それぞれに長く湾曲した出し入れできない鉤爪がある。この爪は物を引き裂いたり掘り起こすのに適している。木登りや穴掘りに優れた形状をしている。
(3)主に植物食傾向の強い雑食性だが、ヒグマは、鮭(サケ)を好み動物食傾向が強い。

熊(クマ)とは、どんな動物か

熊は、食肉目クマ科の総称。日本に生息するのは、主に、ツキノワグマとヒグマです。主に、山岳地帯や森林で生活しています。秋期に豊富な栄養を摂って冬期に冬ごもり(冬眠)を行います。冬眠中の熊(クマ)は体温が下がり、呼吸数や心拍数が減るとともに、餌や水を口にしなくなるだけでなく、排泄や排尿も見られなくなります。成獣の雌(メス)は、6~9ヶ月の妊娠期間を経て、約2~5子(平均で約3子)を出産し、冬ごもり(冬眠)中に幼獣を産みます。

弊社で取り扱っている対策商品の紹介

『アニマルピー』 シリーズ

鹿(シカ)、猿(サル)、猪(イノシシ)、イタチ、ハクビシンなどを初めとする大型害獣対策の決定版!
『天然オオカミ尿』を初めとする純度100%の天然獣尿により、害獣を寄せ付けなくします!
JAS有機適合証を取得済み!
※『ウルフピー』と全く【同内容・同品質品】!

【アニマルピーNo.1 (ウルフ尿=オオカミ尿)】

『アニマルブラスター(スケアクロウ)』

赤外線センサーが害獣・害鳥の動きをキャッチし、水を強力に噴射して、害獣・害鳥を撃退!確実に速効で撃退できます!
(※水道ホースにつなぐ必要があります。)

【Newアニマルブラスター(スケアクロウ)(SC-602)】

その他の害獣・害鳥

  • メールでの
  • FAXでのご注文はこちら


PAGETOP