Online Store Login

日本全国送料無料!

FAX注文用紙はこちら

イタチ(鼬)

イタチによる被害には、どんなものがあるか

(1)特に、秋から冬にかけて、野外が寒くなる時期に、家屋の屋根裏や床下、壁の隙間、鉄骨の隙間などを走り回って騒音による被害を出します。糞尿による悪臭、シミなど。(糞尿が残っていると、自分の「縄張り」と認識して何度も侵入を試みます。)断熱材を破り巣を作ります。
(2)民家に侵入して、生ゴミを漁り散らかしたり、家畜、ペットを食べたりすることもあります。
(3)感染症を引き起こす原因にもなったり、ダニやノミ、アレルギーの原因になることもあります。

イタチの特徴には、どんなものがあるか

(1)特に、秋から冬にかけて、野外が寒くなる時期に、家屋の天井裏や床下に棲み着き、繁殖します。ネズミやハウスコウモリと同じく、3センチほどの隙間を通り抜けることが出来ます
(2)食性は雑食性で、動物性のものを好み、ネズミ、ウサギ、ニワトリなどの動物食の他、柿などの果実を食べます。(※弊社の「ペストコントロ」等を使用し、天井裏のネズミ駆除に成功すれば、同時に、天井裏のイタチも激減します。)
(3)イタチを補食する「天敵」は、ワシ(鷲)、タカ(鷹)、フクロウ(梟)といった猛禽類と、キツネです。(※弊社では、そういったイタチの特徴を捉えて、「Newアニマルリペラー」「アニマルピー(キツネ尿など)」を販売し、実際に大きな効果を上げております。
(4)小柄な体格ながら、しなやかで細長い胴体を持ち、非常に素早く、凶暴な肉食獣で、泳ぐこともできます。
(5)垂直の壁を登ることも出来ます。

イタチとは、どんな動物か

胴長短足で細長い体型をしています。イタチ(鼬、鼬鼠)は、ネコ目イタチ科イタチ属に分類される哺乳類です。(オコジョ、イイズナ、ミンク、ニホンイタチ・フェレットなど。)日本では、在来種であるニホンイタチと外来種のチョウセンイタチのことを指します。近年、チョウセンイタチが都市部にも増加しています。 オスとメスでは体長、体重が大きく異なります。(イタチ類は、オスに比べてメスは小柄です。)チョウセンイタチは、ニホンイタチよりも一回り大きい体格です。

弊社で取り扱っている対策商品の紹介

『アニマルリペラー』 シリーズ

ランダム変動超音波、青色LED5灯ストロボ、威嚇音の3大機能で害獣を寄せ付けなくします!
赤外線センサーの威力抜群!リモコンで操作可能!

【Newアニマルリペラー(ハイグレード・タイプ)(RC-132)】

『アニマルピー』 シリーズ

鹿(シカ)、猿(サル)、猪(イノシシ)、イタチ、ハクビシンなどを初めとする大型害獣対策の決定版!
『天然オオカミ尿』を初めとする純度100%の天然獣尿により、害獣を寄せ付けなくします!
JAS有機適合証を取得済み!
※『ウルフピー』と全く【同内容・同品質品】!

【アニマルピーNo.2(フォックス尿=キツネ尿)】

『アニマルブラスター(スケアクロウ)』

赤外線センサーが害獣・害鳥の動きをキャッチし、水を強力に噴射して、害獣・害鳥を撃退!確実に速効で撃退できます!
(※水道ホースにつなぐ必要があります。)

【Newアニマルブラスター(スケアクロウ)(SC-602)】

その他の害獣・害鳥

  • メールでの
  • FAXでのご注文はこちら


PAGETOP